屋上緑化ビジネスとは?

A chinese dragon

屋上緑化ビジネスここ最近伸びてきています、その要因は地球温暖化現象や、ヒートアイランド現象による温度上昇を抑え電気代などの節約をするのが目的です、いわゆるエコ産業なわけです。 最近は、都心の自治体によっては緑化が義務付けられていたり、その反面補助金が得られる事もあり、いわば、需要とマネーの両方の条件を得てビジネスが伸びているわけです。 屋上緑化により、ビルの天井部分を太陽光で暖められて、冷やすための冷房にお金がかかるのを減らす遮熱効果の他に、いわゆる園芸での心の癒しや、近隣住民に開放する事による地域住民のコミュニティ形成にも役立っています。 昔は緑化によって水や土による重さで、建物に加重による負担が問題だったのですが、今は保水性のあるシートのおかげで少量の水ですんだり、軽い土などが開発され従来の重さの七割ぐらいになっているそうです。 また、緑化とは正反対の利用は太陽光パネルによる発電だったのですが、今は太陽光を投下するパネルが開発されて併用も出来るようになっています。 比較的安価な投資で緑化という方法で、大きな効果が得られるので、今多くの企業の注目が集まっているのが屋上緑化ビジネスという事です。