屋上緑化は空気をきれいに

A chinese dragon

日本もまだ田舎には緑の数も多いですが、都市部の中心地には緑はほとんどありません。都市部では自動車の排ガスや、工場から出される煙によって空気が汚染されているので、近年流行を見せている屋上緑化は緑の数を増やすとともに、空気をきれいにするという役割も求められています。 屋上緑化なら、そもそもまずヒートアイランド現象を抑制できるためにエアコンの使用頻度を下げることができ、その分空気がきれいになります。本物の植物を植えて緑化を進めると、二酸化炭素を吸収してきれいな酸素にして排出をしてくれるので、都会の空気全体が徐々に澄んでいきます。 人々の暮らしを良くするためには、大気の状態にも気を使うべき世の中なのです。日本はまだ中国あたりに比べると空気はきれいな方ですが、都市部にあるビルが屋上緑化を進めていくと、田舎にも負けないぐらいきれいな空気を吸って生活していけることでしょう。 美しい空気は、健康状態を良好に保ちますし、子どもたちにもいい影響があります。病気になる確率を減らすことができれば、医療費抑制にも繋がるので、政府も頑張って緑化政策を次々に打ち出しています。今後は緑化をすることで補助金が貰えたりするケースも出てきそうです。